肝斑の治療

肝斑の原因とお手入れ

肝斑はどうして出来るの?

肝斑の原因は血行不良によるホルモンバランスの
乱れが原因と言われています。

 

もひとつ炎症性色素沈着も発症の一因では
ないかと言われています。

 

頬を中心に左右対称に出来ることが多く薄茶色や
灰色がかった色をした輪郭のはっきりしないもやっとしたシミです。

 

30代から40代出産後やピルの使用などが
きっかけで発症することがあり、更年期を過ぎ
ホルモンバランスが落ち着くと自然に消える
傾向にあるそうです。

 

肝斑の治療とお手入れ

ストレスを溜め込まない

ホルモンバランスの乱れが原因といわれていますので
規則正しい生活とバランスの取れた食事、ストレスを
溜め込まないよう気分をリラックスさせる工夫を。

 

美白成分でのお手入れ

トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEの内服や
ハイドロキノン、コウジ酸、アルブチン、リノール酸などの
美白化粧品でのお手入れやピーリングが有効です。

 

トラネキサム酸は元々が止血剤ですので動脈硬化で
血栓ができやすい方は内服できないこともありますので
皮膚科で相談して服用したほうが安心です。

 

血行を良くする

ロスミンローヤルの服用で肝斑が改善した方も
いらっしゃるようです。

 

血行が良くなることでホルモンバランスの乱れが
改善される効果を期待できます。

 

 

※肝斑にはレーザー治療は不向きで逆に悪化してしまうことも
紫外線で悪化することがありますので、日焼けしないよう
気をつけて下さい。

 

肝斑と間違いやすいシミ

老人性色素斑

老人性色素斑は紫外線により出来るシミですが
左右対称にできることもあり、肝斑と間違える事も
多いそうです。

 

後天性真皮メラノサイトーシス

遺伝的な要素が強く、思春期以降に発症する病気
肝斑と同じように左右対称にシミが現れます。
こちらはレーザー治療が有効です。

 

シミの種類は素人では見分けがつかないこともあります。
よくわからないシミは専門の病院を受診して治療を受けたほうがかえって経済的に負担も少なく早く治せる場合もあります。