日焼けシミ老人性色素斑

老人性色素斑の原因とお手入れ

老人性色素斑の特徴

原因

老人性色素斑は紫外線によるダメージが
長い間、蓄積されて出来るシミです。

 

若い頃の日焼け跡に出てくる事が
多いように感じます。

 

日光性黒子(にっこうせいこくし)とも呼ばれ
頬骨や手の甲など日によく当たる部分にできます。

特徴

数ミリから数センチの丸い形をしたシミで最初は
薄茶色ですが次第に濃くなり輪郭もはっきりしてきます。

 

何年も放っておくと表面が少し盛り上がって
お年寄りの頬によくみられる脂漏性角化症
なってしまうこともあります。

 

老人性色素斑のお手入れ

まだ薄い初期の老人性色素斑は美白化粧品と
ロスミンローヤルの有効成分が効果を発揮してくれます。

 

輪郭がはっきりして色が濃くなってしまった老人性色素斑は
皮膚科を受診するとレーザーや液体窒素で簡単に取ることが
出来る場合もありますので 一度診てもらうといいですね!

 

 

老人性色素斑の予防

老人性色素斑の予防は、日焼けをしないこと
普段化粧をしない人でも パウダータイプのファンデーションは
つけるようにしたほうが良いそうです。

 

予防にはロスミンローヤルの服用と美白化粧品でのお手入れが
おすすめです。

 

私の老人性色素斑、40代後半から急に目立ち始めました
若いうちからのケアが大切なんですよね!